初めてのファクタリング

ファクタリングの申し込みの流れと必要書類

ファクタリングというサービスを知っているだろうか。このサービスは近年多くの企業や会社の間で注目を集め、より拡大しているサービスの1つだ。そもそもファクタリングとはどういうサービスなのかというと、簡単に説明すれば売掛金を現金化するサービスです。ここでは申し込みの流れや必要書類についてまとめています。

申し込みの流れ

ファクタリングをすることによって、本来回収できる期日よりも先に現金にすることができるため、より資金繰りなどもしやすくなる。逆に売掛金を早期に現金化することになるため、ファクタリング業者への支払い義務なども生じる。

そのため、まずはこのファクタリングの申し込みの流れを知っておくことが必要となるだろう。特に難しいことはないが、これから利用しようと思っている方は確認しておこう。

ファクタリングの申し込みに関してはインターネットや電話、来店、郵送などで行うことができる。気になるファクタリング業者があれば、まずは自分が一番簡単だと思う方法で問い合わせてみてはどうだろうか。

次に確認しておきたいのが実際のファクタリングまでの流れだ。まずは自社が債権を譲渡し、ファクタリング業者が売掛金相当額を早期に支払う。そして、取引先が売掛金の支払いを行ったら、今度は債務者から支払われた代金を自社からファクタリング業者に支払うことになる。ファクタリングの基本的な流れはこれの繰り返しとなる。

特に難しいことはないが、ファクタリング業者によっては必要となる書類もあるため、そこは事前に確認しておくようにしよう。

必要書類

サービスを利用する際に必要となる書類に関しては、それぞれのファクタリング業者によって違ってくる。簡単に必要書類を紹介すると、主に決算書や納税証明書や売掛金を証明できる書類などが有効だ。

これらの情報があることによって、まずは債務者に対して債権者が有効な権利を持っているかどうかの証明をする必要がある。ファクタリング業者はそれらから売掛金の内容を把握し、最終的には現金化へと話を進めていく。

ファクタリングによっては会長や社長など、その企業や会社の代表となる人物に関する書類を求めてくるところもある。ただ、近年はより使いやすいところも多くなっているため、その限りではない。まずは利用したいと思っているファクタリング業者に直接必要書類にはどのようなものがあるのかを確認しておくと安心だ。

これらのサービスは使い方によって様々な活用方法があるため、ぜひとも現金化としての利用はもちろん、回収が難しいと思われた債権を譲渡する形で代行してもらうのも良いだろう。上手に使うことで、よりファクタリングを使いこなしてみてはいかがだろうか。